葬儀のことなら業者にお任せ|失敗しないための会社選び

お寺が代わってお墓参り

線香

核家族化が進んだ日本では、親元から離れたり、転勤などでお墓参りができない場合が増えています。故人を偲び、ご先祖様を大事にしたい気持ちはあっても、距離や費用・時間の関係でどうしてもお墓詣りが難しい人のために、永代供養があります。永代供養とは、お墓詣りができない人に代わり、お寺が責任を持って永代にわたり供養と管理をする制度のことです。このお墓のことを永代供養墓といいます。独身や身寄りがいないお年寄りなど、身内に迷惑をかけたくないという気持ちから最近では永代供養が増えています。永代供養は費用を抑えることができ、継続的な出費もありません。初回の一式費用を支払えば以後にかかる費用がない場合がほとんどです。

永代供養の中でも近年増えているのが合同祭祀という方法です。これは一般的に、他の人と一緒のお墓、あるいは同じ納骨室などに安置されることから合同祭祀または共同墓・合奏式納骨などとも呼ばれています。さまざまな人と一つのお墓に入るため、宗教や宗派にこだわりがある場合は難しいですが、コストが低く管理費がかからない合同祭祀を選ぶ人も増えてきています。永代供養を選んだ場合、どのような管理がなされるのかはそのお寺により様々です。一般的には毎年の春と秋のお彼岸・お盆に合同供養を行います。お寺により年に一度、あるいは月に一度の供養や祥月命日での供養などがあります。今後の日本の人口減少予測でお墓を維持していく家が減って行くと、無縁仏が増えて行ってしまいます。永代供養は無縁仏を増やさない方法でもあります。