葬儀のことなら業者にお任せ|失敗しないための会社選び

人生の最期に向けての活動

夫婦

近年、人生の最期を締めくくる活動のことを意味する終活という言葉が広く社会一般に知られるようになってきています。大型書店などでは終活についての書籍のコーナーが設けられたり、様々な種類のエンディングノートなども販売されるようになってきています。こうしたエンディングノートを上手に活用することができれば、自分が元気なうちに整理すべきことや、残されるであろう家族に伝えておきたいことなどを、分かりやすくまとめておくことができるというメリットがあります。また、終活に取り組むことで自分がこれからやりたいことややるべきことを整理することができ、残りの人生の指針になるといったことを感じる人も少なくないといわれています。

なお、終活の際に活用するエンディングノートの記載内容の効力については注意しておくべき点もあります。自分の遺志を簡易に遺された家族に伝える方法としては非常に便利ですが、基本的に法的に有効な遺言としての効力はもたないこととなります。法的に有効な遺言とするためには、所定の要件を満たす必要があるからです。そのため、法的に有効な遺言を残したいのであれば、法律の専門家にきちんと相談をしたうえで、要件を満たした遺言状を別に残しておく必要があります。法的な遺言とは別に、家族への感謝の言葉や思い出を綴ったりするといった形ではエンディングノートも有効に活用できることとなります。また、日頃から家族に自分の葬儀や死後の要望について明確に伝えておくことが、後々の無用なトラブルを避ける重要なポイントとなります。